メインイメージ画像

ビジネスの場ではマナーが大切な要素となります

ビジネスにはマナーがあります。ビジネスの際のマナーとは、最低限守る必要がある法律や規則はもちろんのこと、仕事をするため人間関係の中で円滑に仕事するためのルールでもあります。必ず心得ておかなければならない常識で、全ての基本なのです。まずは公私混同をしないことと、健康に気をつけること、次に相手を尊重するための感情をコントロールすることも忘れてはいけません。職種や仕事内容によっては社員管理が徹底されていないところもありますが、しかしルーズになってしまうのはいけません。



新入社員などで初めて仕事に就く場合は、手探り状態で仕事のマナーを覚えていくことになるでしょう。難しく考える事はありませんが、清潔感のある身だしなみを心がけることと、きちんと挨拶をすることは最低限出来なくてはなりません。清潔感を得るにはお風呂に入って洗ってある服を着ているというだけではなく、髪型がビジネスの場に相応しいものであること、爪の手入れやハンカチなど小物に至るまで綺麗にしているか否かということです。TPOに合ったファッションがきちんと出来ているかということも合わせて、相応しいインプレッションを与える身だしなみでなければなりません。



さらには挨拶を始めとする表情と声です。日本にはお辞儀の習慣がありますし、挨拶で相手に対して礼を払い笑顔で対応するということがマナーの基本になります。声はトーンを上げて聞き取りやすくハキハキと喋り、相手に自分の意思が伝わるようにするのが大切です。

ビジネスにおけるマナーというのは、人間関係の潤滑油のようなものです。

お互いに相手に敬意を払って好感が持てるように人間関係を築くことが大事です。基本として考えられる身だしなみと挨拶を身につけることから開始するのです。仕事相手を思いやっているからこそ、そこに信頼関係が生まれて、だんだんと一緒に仕事をしてみたいと思われるような存在になることが出来ます。マナーというのは重要な信頼度の物差しになるものです。